最新技術で早期解決|可愛らしい二重を手に入れるには整形手術|ぱっちり目になるために

可愛らしい二重を手に入れるには整形手術|ぱっちり目になるために

最新技術で早期解決

各タイプの原因

婦人

目のクマは生まれつきの目の形や、加齢による着色などが原因になることがあります。若いうちから出てしまった、あるいは年を重ねることで出てしまい、もう治らない、出ても当然なものだと思っている方もたくさんいます。目のクマは治療を受ければほぼ治るものであり、深刻に悩む前にまずクリニックに相談に行くことが大切です。目のクマはその原因と発症の仕方から大きく分けると3つのタイプに分けられます。一つ目は顔の血行不良により、酸素不足で血液が黒く変色し、皮膚の薄い箇所を透かして外から見えてしまっているタイプです。2つ目は目の形によるもので、下瞼がたるみや脂肪によって出っ張っている、あるいは目自体がくぼんでいることにより、目の下に影ができ、目のクマになるタイプです。3つ目は紫外線によるお肌のダメージがかさみ、メラニン色素が沈着する、いわゆるシミになります。まずは自分の症状のタイプを知り、対応する治療手法を行える医院を選択することが早期の治療とクマの解消に役立ちます。

最新技術で早期解決

患者の肌の状態や目のクマのタイプを考慮して治療方法は選択されます。それぞれのタイプにおける特徴とその治療法は以下のようになっています。一つ目の血行不良によるタイプは患者の眼球部周辺における血行の改善を行います。従来は患部を温めて血行を促す方法もありましたが、一時的に血行が良くなっても体質自体を変えているわけではないので、後で元に戻ってしまっていました。近年では、最新の治療法として患者の自己の血小板細胞を培養して皮膚に注入することで、成長因子が体内に放たれ、毛細血管の新生が行われるPRP皮膚再生が有効な解消法となっています。2つ目の目の形に起因する影においてもPRP皮膚再生は有効な手法で、血小板を注入された箇所は成長因子によりコラーゲンやヒアルロン酸の分泌が増加され、肌のたるみを減らすアンチエイジングがなされます。その結果、目の形状が改善されて影がなくなり、目のクマが解消されます。3つ目の色素沈着においても最新のレーザー治療により色素を破壊し、解消が可能です。各クリニックの得意とする治療法を調べた上で受診することで、最新治療による早期の解消が見込めます。